Mr. カラー C34スカイブルー 光沢を4種類の下地で塗り比べてみた

Mr.Color シリーズ

GSI Creos  Mr.COLOR   C34  GLOSS SKY BLUE  PRIMARY

どうも!PM Paintです。
このブログでは、ガンプラやプラモデルの模型製作で必要不可欠な塗装や塗料について比較検証しています。

お使いのモニターなどの環境により画像の色合いが変わる場合があります。
参考程度に思っていただけると幸いです。

動画でも検証を分かりやすく紹介させて頂いております。

Mr.カラー C34スカイブルー 光沢 を比較検証

今回検証するカラーは、Mr.カラー C34スカイブルー 光沢です。
ブラック、グレー、ピンク、ホワイトのサーフェイサーを塗装後、上から「Mr.カラー C34スカイブルー 光沢」を塗装してみました。

GSI Creos  Mr.COLOR   C34  GLOSS SKY BLUE  PRIMARY

楽天ビック(ビックカメラ×楽天)
¥136 (2023/02/09 16:53時点 | 楽天市場調べ)

比較検証前に(塗料希釈・塗装方法)

比較前に、今回の塗料の希釈率ですが、環境などの条件やエアブラシ、エアー圧の個人差などが有りますが今回は、1:1から、1.5程度で希釈し、軽く2度吹きした結果になります。
今回は、光沢塗料ですので下地によって色合いが違ってきます。
これからのプラモデル・ガンプラの塗装の参考になれば嬉しいです。

では、早速下地の色ごとに確認していきます。
まずは、ブラックの下地に、光沢、半光沢、つや消しを吹きかけたものを比較します。

下地がブラックの塗装では、下地の影響が有り、暗い水色の色合いで、仕上がりました。
また、トップコートの光沢では、より艶が出てくる分、若干ですが、明るめの表現がされ、
良い感じが出てると思います。
半光沢はトップコートなしと比べると、少し艶の差が有りますが、色合い的に変わりがないかと思います。
つや消しは、半光沢より落ち着いた色合いとなり渋く良い感じだと思いました。

次に、グレーの下地に、光沢、半光沢、つや消しを吹きかけたものを比較します。

先ほどのブラックの下地とは違い、下地の影響が少なく、少し濃いめの、スカイブルーの鮮やかさが、表現されました。
光沢のトップコートは、ブラックと同様で、より艶が出て、若干の明るさが表現され、良い感じだと思いました。
こちらも、光沢が減るほど、落ち着いた色合いになって、良い感じだと思います。
ガンプラであれば、グフカスタム、ハイズゴックなどの、青系の外装色に使用できるのではないかと思いました。

次に、ピンクの下地に、光沢、半光沢、つや消しを吹きかけたものを比較します。

ピンクは、グレーの下地とほぼ、変わりがなく同じような色合いで表現がされていました。
光沢のトップコート有りなしで見ると、こちらも、より、艶が出て、綺麗な色合いで見えます。
塗装の仕方によりますが、こちらも、つや消しになっていくほど、落ち着いた色合いで、良い感じがします。

最後に、ホワイトの下地に、光沢、半光沢、つや消しを吹きかけたものを比較します。

ホワイトの下地に、塗装したものは、ほかの下地と違い、鮮やかな、スカイブルーの色合いが出てきています。
トップコートの光沢の、有り無しでは、艶の輝きが違うだけで、色合いは変わりませんでした。
こちらも、つや消しになるほど、落ち着いた色合いで仕上がりました。


今回の塗料は、基本色の光沢塗料ですので、下地の色でスカイブルーの表現が異なり目的別で下地を変えることによりスカイブルーの表現が変えれると思います。
用途によって、使えそうな良い色合いが、出ておりますので、お試し頂ければと思います。

では、次は各下地のトップコートなしの比較です。

トップコートに、光沢を塗装したものと、比較すると、艶は有りますが、光沢のトップコートでは、ほんのりと暗い色合いのような気がします。
ですので、そのままの色合いで行きたい場合は、トップコートを塗装しない手もありかと思いますが、表現する箇所にもよったり、塗装剥がれを防ぐためにも、トップコートを塗装する事をお勧め致します。
プラモデルの使用用途によっては、塗装方法や、希釈率や、エアー圧を変える工夫をすると、より良い色合いが得られるかもしれないと思いました。


次は、各下地別の光沢の比較です。

次は、各下地別の半光沢の比較です。

次は、各下地別のつや消しの比較です。

いかがでしたでしょうか?
今回の塗料、Mr.カラー C34 スカイブルーは、基本色の光沢塗料になりますので、下地の影響は有りましたが、良い色合いが出ると思いました。
使用箇所別によりますが、下地を変えることで、スカイブルーの表現に違いがでて、良い感じだと思いました。
蓋の色合いにするならば、下地はグレーかピンクにすることで、イメージしやすいかなと思いました。
1つのカラーでも、下地やトップコートで、印象がガラッと、変わっていきます。
プラモデルやガンプラ塗装の参考にしていただき、イメージ通りの色合いを出す、お手伝いが出来れば、嬉しいです。


最後に、今回使用した下地・トップコートを紹介いたします。

今回検証に使用したサーフェイサーとトップコート

Mr.フィニッシング サーフェイサー1500 ブラック

Joshin web 家電とPCの大型専門店
¥400 (2024/01/09 00:27時点 | 楽天市場調べ)

Mr.フィニッシング サーフェイサー1500 グレー

楽天ビック(ビックカメラ×楽天)
¥360 (2024/06/11 16:33時点 | 楽天市場調べ)

Mr.フィニッシング サーフェイサー1500 ピンク

楽天ビック(ビックカメラ×楽天)
¥360 (2024/06/11 16:40時点 | 楽天市場調べ)

Mr.フィニッシング サーフェイサー1500 ホワイト

楽天ビック(ビックカメラ×楽天)
¥360 (2024/06/18 15:40時点 | 楽天市場調べ)

Mr.カラー GX GX100 スーパークリアⅢ(光沢)

ツルマイ模型
¥250 (2023/05/08 21:17時点 | 楽天市場調べ)

Mr.カラー C181 スーパークリア半光沢

Mr.カラー C182 スーパークリアつや消し

ゲーム&ホビー ケンビル Kenbill
¥176 (2024/06/18 19:21時点 | 楽天市場調べ)

Mr.レベリングうすめ液 400ml (特大)

Joshin web 家電とPCの大型専門店
¥800 (2024/06/17 23:50時点 | 楽天市場調べ)

最後までご覧いただきありがとうございます。
他の塗料の比較もしておりますので、是非ご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました