フィニッシャーズカラー APブルーを4種類の下地で塗り比べてみた

フィニッシャーズ

Finisher’s  Finisher’s COLOR  PEAEL /METALLIC  GLOSS  AP blue

どうも!PM Paintです。
このブログでは、ガンプラやプラモデルの模型製作で必要不可欠な塗装や塗料について比較検証しています。

お使いのモニターなどの環境により画像の色合いが変わる場合があります。
参考程度に思っていただけると幸いです。

動画でも検証を分かりやすく紹介させて頂いております。

フィニッシャーズカラー APブルーを比較検証

今回検証するカラーは、フィニッシャーズカラー APブルーです。
ブラック、グレー、ピンク、ホワイトのサーフェイサーを塗装後、上から「フィニッシャーズカラー APブルー」を塗装してみました。

Finisher’s  Finisher’s COLOR  PEAEL /METALLIC  GLOSS  AP blue

比較検証前に(塗料希釈・塗装方法)

比較前に、今回の塗料のうすめ液と希釈率ですが、フィニッシャーズが推奨されている、うすめ液は今回使用せず、他社うすめ液を使用した結果を比較する為、今回は、Mr.レベリングうすめ液を使用し、希釈率は、環境などの条件や、エアブラシ、エアー圧の個人差などが有りますが、希釈目安が3から4との事でしたので、今回は、1:3~3.5未満で希釈しておりますが、塗料の状態によって、濃度が薄くなっている場合もあります。
また、塗料の吹き付け方法は、塗装表面に光沢が出る程度で、一度吹きかけ、ムラなどを消す程度で、軽く3度吹きした結果になります。

では、早速下地の色ごとに確認していきます。
まずは、ブラックの下地に、光沢、半光沢、つや消しを吹きかけたものを比較します。

下地がブラックの塗装では、下地の影響が出ていますが、パールとメタリックの粒子が程よく出ており、キラキラした感じが出ており、暗めですが、深みのあるメタリックブルーの色合いで仕上がりました。
トップコートの光沢では、より艶が出て、パールの質感とメタリックの粒子が浮き上がった様に見え、感じの良い色合いが出てると思います。
半光沢は、艶の差が有りますが、比較的色合いの変化がなく、若干 パールの質感とメタリック感は落ちますが、落ち着いた感じの良い色合いだと思います。
つや消しは、半光沢より色合いが濃く、若干 メタリック感が残ったように見えますが、渋く感じの良い色合いだと思います。

次に、グレーの下地に、光沢、半光沢、つや消しを吹きかけたものを比較します。

グレーの下地は、下地の影響は感じられず、パールとメタリックの粒子が程よく出ており、キラキラした感じが出た、鮮やかなメタリックブルーの色合いで仕上がりました。
光沢のトップコートは、こちらも、より艶が出ていますが、パールとメタリックの粒子が程よく出ており、深みを感じる鮮やかなメタリックブルーで仕上がりました。
半光沢は、トップコートなしと比べると、多少の艶や明るさの違いが見えますが、パールとメタリック感のある、落ち着いた色合いで、良い感じだと思います。
つや消しは、メタリック感が残ったように見えますが、渋く落ち着いた色合いで、良い感じだと思いました。

次に、ピンクの下地に、光沢、半光沢、つや消しを吹きかけたものを比較します。

ピンクの下地は、下地の影響は感じられず、パールとメタリックの粒子が程よく出ており、キラキラした感じが出た、鮮やかなメタリックブルーの色合いで仕上がりました。
トップコートの光沢では、艶が出て、色合いの変わりも少なく、パールとメタリックの粒子が程よく出ており、綺麗な色合いのメタリックブルーで仕上がりました。
半光沢は、トップコートなしの色合いと比較すると、若干色合いが濃くなりますが、パールとメタリック感が残り、落ち着いた感じの表現がされていました。
つや消しは、こちらも、メタリック感が残ったように見えますが、渋く落ち着いた色合いで、良い感じだと思いました。

最後に、ホワイトの下地に、光沢、半光沢、つや消しを吹きかけたものを比較します。

ホワイトの下地は、下地の影響は感じられず、パールとメタリックの粒子が程よく出ており、キラキラした感じか出た、鮮やかなメタリックブルーの色合いで仕上がりました。
トップコートの光沢では、こちらも艶が出て、色合いの変わりも少なく、パールとメタリックの粒子が程よく出ており、綺麗な色合いのメタリックブルーで仕上がりました。
半光沢は、こちらも、トップコートなしの色合いと比較すると、若干 色合いが濃くなりますが、パールとメタリック感が残り、落ち着いた感じの表現がされていました。
つや消しは、こちらも、メタリック感が残ったように見えますが、渋く落ち着いた色合いで、良い感じだと思いました。
今回の塗料は、メタリックカラーの塗料ですが、パールの質感もあり、キラキラした感じが出た塗料で、発色も良く綺麗な色合いと落ち着いた感じの、鮮やかなメタリックブルーですので、お試し頂ければと思います。

では、次は各下地のトップコートなしの比較です。

トップコートを塗装したものと比較すると、艶などの違いや色合いが濃くなった表現になっていますが、なしの場合は、それぞれの下地ごとのパールとメタリック感のある綺麗で鮮やかなメタリックブルーの色合いが出ていると思います。
ですので、そのままの色合いで行きたい場合は、トップコートを塗装しない手もありかと思いますが、塗装剥がれを防ぐためにも、表現別のトップコートを塗装する事をお勧め致します。
プラモデルの使用用途によっては、塗装方法や希釈率やエアー圧を変える工夫をすると、より良い、発色が出た色合いが得られるかもしれないと思いました。

次は、各下地別の光沢の比較です。

次は、各下地別の半光沢の比較です。

次は、各下地別のつや消しの比較です。

いかがでしたでしょうか?
今回の塗料、フィニッシャーズカラー APブルーは、パールが含まれたメタリックカラーの塗料になりますが、ブラック以外の下地の影響は感じられませんでしたが、綺麗で鮮やかなメタリックブルーの色合いが出ると思いました。
この塗料で、自動車のプラモデルの外装色やほかのプラモデルに、色々と使って見たいと感じる塗料でした。

使用した感想ですが、推奨される、うすめ液以外でも使用できるかと感じました。
ただ、発色の良さなど、拘る方は、推奨されるうすめ液をお勧め致します。
高価な塗料ですが、次回は推奨されるうすめ液を使用して、比較検証をおこなってみたいと思いました。

1つのカラーでも、下地やトップコートで、印象がガラッと変わっていきます。
プラモデルやガンプラ塗装の参考にしていただき、イメージ通りの色合いを出す、お手伝いが出来れば嬉しいです。

サンプル塗装ですが、所々、塗装剥げや埃付着や塗装ムラなど、お見苦しいところがございましたが、参考素材のためそのまま使用させて頂きました。

最後に、今回使用した下地・トップコートを紹介いたします。

今回検証に使用したサーフェイサーとトップコート

Mr.フィニッシング サーフェイサー1500 ブラック

Joshin web 家電とPCの大型専門店
¥400 (2024/01/09 00:27時点 | 楽天市場調べ)

Mr.フィニッシング サーフェイサー1500 グレー

楽天ビック(ビックカメラ×楽天)
¥360 (2024/06/11 16:33時点 | 楽天市場調べ)

Mr.フィニッシング サーフェイサー1500 ピンク

楽天ビック(ビックカメラ×楽天)
¥360 (2024/06/11 16:40時点 | 楽天市場調べ)

Mr.フィニッシング サーフェイサー1500 ホワイト

楽天ビック(ビックカメラ×楽天)
¥360 (2024/06/18 15:40時点 | 楽天市場調べ)

Mr.カラー GX GX100 スーパークリアⅢ(光沢)

ツルマイ模型
¥250 (2023/05/08 21:17時点 | 楽天市場調べ)

Mr.カラー C181 スーパークリア半光沢

Mr.カラー C182 スーパークリアつや消し

ゲーム&ホビー ケンビル Kenbill
¥176 (2024/07/09 23:53時点 | 楽天市場調べ)

Mr.レベリングうすめ液 400ml (特大)

Joshin web 家電とPCの大型専門店
¥800 (2024/07/15 23:50時点 | 楽天市場調べ)

最後までご覧いただきありがとうございます。
他の塗料の比較もしておりますので、是非ご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました